【名称】JET BREAK SYSTEM(ジェットブレイクシステム)※1分足専用

※関連レビュー記事はこちら

【概要】

JET BREAK SYSTEM(ジェットブレイクシステム)とは、

7つのロジックが搭載された

1分足バイナリー専用ソフト

 

しかも、これまでのバイナリーソフトとは異なえり、

証券会社の隙を付いた増利ロジック搭載」というもの。

勝率は7割程度とそこそこ期待の出来るロジックです。

詳しくはこちら

ジェットブレイクシステムの内容について

 

ジェットブレイクシステムのツール開発者ももちろんプロとレーダー。

動画を拝見する限りでは、内容的にはかなり斬新的な内容のものですね。

ツールを使った実践結果は以下の様な感じです▼

因みに、黄色い部分が勝ちグレーの部分が負け

いずれも勝率75%~80%~くらい。

 

エントリー判断も、基本は矢印サインに従います。

 

合計で7つものロジックが搭載されているので、

このサインに従うだけでもそこそこ期待が持てそうですね。

コロナ鍋で再びバイナリーが注目の的に

バイナリーオプションとは既定の時間内に
「上がる」か「下がるか」を予想する金融商品です。

正直、勝ち続けるにはFXよりも難易度が高いのですが、
重要なのはエントリーのタイミングです。

バイナリーは、数年前の規制以来下火傾向でしたが、
コロナ鍋で収入が激減した方が多く、

「手軽に稼げる副業」

として再び注目され始めたようです。

7つのロジックとは?

 

バイナリーオプション、の場合、
とにかくエントリーを仕掛けるタイミングでほぼ勝敗が決まります。

そして敵は「業者」です。

その証券会社から”どのようにしてお金をもぎ取るのか?”

トレーダーの敵である証券会社は昨今も対策を進めています。

・スプレッド
・約定拒否
・利確の拒否

この様な事が日常茶飯事です。

 

では、
負けているトレーダーと勝っているトレーダーは一体何が違うのか?

それは「敵を認識しているか」です。

戦いには準備が必ず必要です。

・敵には何が有効か?
・敵の弱点はどこか?

 

まさに今回のシステムは、
敵である証券会社の弱点を突き、荒稼ぎできる代物となっています。

「証券会社の隙を付いた増利ロジック」

これこそがこのシステムの大きな特徴です。

※まずは以下のページに公開されている動画をご覧ください。
まるで有名ユーチューバーさんが制作したような
面白みがあります。

 

※システムを使用する上での注意点は
余り荒稼ぎしない事です。

短期間で一気に数百万などの利益を出してしまうと、
口座が凍結される恐れがあります。

これはFXでも同じです。

今後の可能性について

 

バイナリーオプションはとにかくエントリーのタイミングが勝負。

1分後の価格が上がるか下がるかを予想するだけのもの。

「1分バイナリーは何度が高い」

。。。。。というのが一般的な見解かも知れませんが、

「ジェットブレイクシステム」の様な

様々な機能が搭載されえたシステムを使いこなしていけば、

そこそこの期待が持てるか知れません。

 

特に短期で稼げるバイナリーオプションン関しては、

今後もユーザーが以前の様に増えるかも知れません。

そすすると、稼ぎにくくなるなる可能性も否定できないので、

今が参入のチャンスかも知れません。

まとめ

【名称】JET BREAK SYSTEM(ジェットブレイクシステム)※1分足専用

 

実は私も数年前までバイナリーで結構稼いでいました。
1分バイナリーでは無く、10分バイナリーですが、

私は「慎重派」なので
当時は1回の掛け金は1000円~5000円程度。

それ絵もペイアウト率が2.0倍だったので、
1日で数千円~数万稼いでいました。
稼いだ分をFX口座に振り替えたりもしてました。

それを全てFXで全部溶かしたり(笑)
いろんな経験があるからこそ今があるのだと思います。

今回のレビュー記事を書いている間に
当時の既往がよみがえり、何となく懐かしい気持ちになったり
。。(^^;

 

コロナの影響で、この日本でも失業率悪化や、

給与減額などが予想されます。

もしくはインフレが起こり今後の生活が増々厳しいものになるかも知れません。

「証券会社の隙を付いたロジック」とは、

相手の手の内を読み切る事。

「ジェットブレイクシステム」なら、ある程度それが可能になるかも知れません。

この機会にバイナリーの挑戦してみるのも悪く無いかもです。

特典のお知らせ

 ※当サイトご購入で以下の特典ももれなくプレゼント♪

 

※この他にも未だ沢山のお得な特典をご用意しております

>>この他の特典はこちらをクリック<<

特典付きご欧入はこちら

 

是非参考になれば幸いです。
それでは本日はこの辺で失礼します。