こんにちは♪YUMEです。

今回のブログテーマは

トレンドの天井と底を見分けるテクニック

です。

 

FXとは、相場の「ノイズ」に合わせてエントリーを繰り返しながら

利益を積み重ねていきます。

 

ここでいうノイズとは、いわゆる「相場の歪み」みたいなものです。

つまり、トレンドの転換に当たります。

 

はっきり言って、FXはこのトレンドの転換さえ上手く判断出来れば、

スキャルピングだろうが、デイトレードだろうが、スイングだろうが

利益に繋げていける可能性が高くなります。

トレンドの転換を見分けるコツ

 

基本的に使用する時間足が長い程、トレンドの転換も判断しやすくなります。

私は、1時間足以上のローソク足でトレンドの判断を行うようにっしています。

 

5分足や、15分足でもトレンドの転換を判断する事は可能うですが、

短いスパンのローソク足はノイズが入りやすくなるので、

それだけ信頼度も低くなります。

なぜ、大きな時間足程信頼度が高いのか?

それでは以下の2つの異なるチャートをご覧ください

 

続いてこちらは1時間足です▼

 

これだけではやや判断しにくいと思うのでもう少し詳しく分析してみましょう。

こちら

 

5分足のサブインジケーターの数値が低い数値を示しています。

これは「ちょっとしたトレンドの底」であることを意味しているので、

うっかりここで買い注文を入れてしまいがちです。

 

まぁ、手前に2本のトレンドラインが遮っているので、

このタイミングで買い注文を入れるのはやや危険なのですが、

サブインジケーターの数値から判断した場合、

トレンドがやや終息している事を判断してしまいがちです。

 

ですがこちらの1時間足は、「下落トレンド」であることが確認出来ます▼

 

このタイミングで買い注文はまずありあえません。

少なくとも私なら買い注文は見送ります。

 

※因みに上記のサブインジケーターとはブラストFXの「AIアナライズ」です・

トレンドの底・天井を数値で確認出来ます

 

正し、前述した通り、5分足だと信頼度が低い傾向があるので、

1時間足以上で使用する事をお勧めします

ブラストFXの詳細を見てみる

 

トレンドの転換が起こる前兆サインとは?

 

まず、「売り」→「売り」に転換する際のサインですが、

これには決まったパターンが有ります。

 

  • 逆さダイヤモンドヘッド
  • 逆三尊(ダブルボトム)

 

などが一般的ですね。

正し、これらの1時間足以上で確認する方が、より信頼度が高くなり、

綺麗な形を描く程、信頼度も高くなる傾向にあります。

 

ここからはあくまでも私の個人的な意見ですが、

※トレンドの転換をしっかりと判断していくためにも、

やはり、1時間足以上で判断していくのが無難だと考えています。

 

基本、FXの商材は短期トレード向けの商材が多く、

その殆どが5分足や15分足を使用することが推奨されています。

確かに、短い時間足の場合はエントリーチャンスも拡大する傾向にあります。

 

しかし、5分足や15分足のみでエントリーを判断する際の注意点として、

長期足の方向も考慮した上でエントリーを判断するのが無難です。

 

因みに、ダブルボトム(逆三尊)も有名ですが、

この反対のダブルボトム(三尊)も有名です、

 

※三尊のパターン見極めに特化したロジックがこちらの「三尊無双FX」です▼

三尊無双FX ~人生逆転プロジェクト~ これは良い♪

例えばこのような三尊パターンも、

「三尊無双FX」を活用する事で簡単に判断していく事が可能になります。

 

特に初心者の方はどこにラインを引いてよいのか迷ってしまうと思います。

これはある程度経験を積むことで線を引くコツが身についてきますが、

より正確なラインを描写・手っ取り早く三尊の背え方をマスターしていく為にも

三尊無双FXを活用してみるのも良いと思います。

 

 

逆のパターンはこちら▼

 

三尊(ダブルトップ)は意外と出現率が高いので、

攻め方さえ知っていれば上手く利益に繋げていく事が可能です。

三尊無双FXの詳細を見てみる

 

長期で使える、より高度なテクニックを短期で習得するには?

 

上記で触れた三尊にしろ、トレンドの転換には予兆があります。

この予兆をしっかり判断出来れば、

その後のトレンドの転換に沿って押し目買いや戻り売りなども可能になります。

 

では果たしてどのようにして「予兆」を判断していくのか?

この場合、「ローソク足のみで判断」します。

 

例えばこんな感じです▼

 

これは左が「陽線」で、右が「陰線」だとします。

これだけを見ると、右の陰線が下落を示しているように捉えられがちですが、

ここで売りを入れるのは未だ早いです。

 

と言うのも、右の陰線が左の陽線を下抜け出来ていない状態だから。

※この場合、仮に売りを入れるのであれば、

右の陽線の最安値を割った時点で半田するべきです。

 

よくある「天井負い」の失敗例ですね(^^)

こうならない為には、ローソク足の動き(市場心理)を掴むことです。

ローソク足には多くの「市場心理」が刻み込まれている!

1本のローソク足には

「開始値」「終値」「最高値・最安値」などの多くの情報が刻まれています。

 

そして、これらの情報を元に、

複数のローソク足でもって「トレンドの転換」を判断していきます。

 

さらにこんな感じでラインを引く事で

より一層、トレンドの転換が明瞭になります

 

1時間足ならなおさら信頼度も高くなり、

それだけトレンドの方向が掴みやすくなります。

 

この様な、

ローソク足の動き・形からトレンドの転換を判断することを

”プライスアクショントレード”

と呼びます。

 

一見難しそうなイメージかも知れませんが、

こちらの「Global Dream FX」のインジケーターを使えば

初心者の方でもプライスアクショントレードが可能です。

 

この様にローソクの形と色で転換を区別していきます。

 

非常にシンプルな方法なのでお勧めです

>>>Global Dream FXの詳細はこちら

 

まとめ

ここでは、トレンドの転換の見分け方として、

単純にインジケーターを使う方法や、

ローソク足から市場心理を読み解くプライスアクションによる転換の見極めをご紹介しました。

 

これらを組み合わせて使う事も効果的です。

是非試してみると良いと思います。

 

※4っの転換パターンが身に付く「The Secret FX」もおススメです▼

The Secret FX(ザ・シークレットfx)を早速入手!