pointマルチタイムフレームとは?

マルチタイムフレーム

FXをやったことがあれば、

「マルチタイムフレーム」という言葉を聞いたことがあると思います。

 

通常、スキャルピング等は5分足や、1分足などの

1つの時間足のみを基準に売買ポイントを絞っていきますが、

単品の時間足(※特に5分足等の短い時間足の場合、

相場のノイズに騙されやすくなり、

売買ポイントを見失ってしまうことも有ります。

 

よく、

「エントリー後に直ぐに逆行してしまった。。」

。。。。という経験はありませんか?

FXを実際にトレードした経験があれば誰しも1度や2度経験すると思います。

私もたまに経験します^^;

 

エントリー直後に過ぎに相場が反転してしまうのは、

トレンドの終点でエントリーしている可能性が高く、

この場合は、一旦エントリーを見送り押し目・戻りを狙うのが効果的な戦略です。

 

ではエントリー直後の逆行を極力防ぐにはどうしたら良いのか?

その答えは

point出来るだけ長い時間足の方向性を重視することであり、

長い時間足の方向に逆らわないこと

です。

 

これが「マルチタイムフレーム」の基本的な戦略パターンになります。

最近では「FXスキャル・パーフェクトシグナル」が有名ですね。

FXスキャル・パーフェクトシグナルを買ってみました♪

 

ちなみに、奥谷隆一さんが携わっている

「FXスキャル・パーフェクトシグナル」の戦略パターンはこんな感じ

yazirusiyazirusiyazirusi

pondoen

上・・・1時間足

下・・・5分足

簡単に言えば

acceptトレンドの勢いに乗りやすい

acceptブレイクアウトの波を捉えやすい

。。というのがマルチタイムフレームの特徴です。

そして、基本的に順張りであるのが

「マルチタイムフレーム」戦略の基本パターンになります。

 

あくまでも個人的な戦略にはなりますが、

スキャルピング、デイトレード、スイングトレードなど

トレード戦略によって、比較の対象となる時間足も異なってきます。

 

例えば、超高速スキャルトレードのような、

1~2pipsを抜き取って行くのであれば1分足と5分足をメインにしたり、

デイトレードなら、5分足~4時間足・日足など、

トレードスタイルによって時間足の視野が異なってきます

まぁ、あくまでも私の場合なので、参考程度にお願いします^^;

 

pointマルチタイムフレームの優位性

言葉で説明するよりも、

実際に実戦トレードの画像を見た法が分かり易いので

こちらのトレード画像でご説明します

yazirusiyazirusiyazirusi

GBPJPY 5分足

0806gbpkwsai

GBPJPY 1時間足

1時間足

 

ここで一応、同タイミングの15分足も記載しておきます▼

GBPJPY 15M

080615m

 

上記のチャートは、2015年8月6日の実戦トレードのチャートです。

3っのチャートを御覧頂けばおわかりだと思いますが

5分足・15分足・1時間足のトレンドの向きが同じです。

 

FXの基本はトレンドの勢いに乗ることが大事ですから、

長い時間足の値動き0を監視することも重要なトレード戦略です。

結果的にこの相場では6pipsを獲得しました▼

 

マルチタイムフレームを活用した戦略パターンは結構多く、

FXの初心者向けの教材でも数多く紹介されています。

斎藤マナブさんの「マナブ式FX」もTHVを活用したマルチフレーム戦略です。

 

この様に、複数の時間足が同じ向きを向いている時は

トレンドが発生していることが多く

この時のエントリーすると非常に高勝率な傾向にあります。

 

初心者の方はまずは「マルチタイムフレーム戦略」に挑戦してみましょう。

トレンドの発生の仕組みを捉える感覚を身につける事が出来れば

FXは決して難しいものではありません^^

 

管理人のおススメはこちら▼

1カ月で70万を稼ぐ!FXスキャル・パーフェクトシグナル

spslogo