ライントレードとは、チャートにラインを引きながら行う手法であり

チャート上にラインを引くことで、

相場の方向性が見極めやすくなります

 

【主要3ライン】

サポートライン

レジスタンスライン

トレンドライン

 

ローソク足が上記主要3ライン付近に到達すると

高確率で反発が起こります。

 

相場から効率良く利益を獲得し続けるには

ライントレードを駆使し、相場の圧力を見極めていくことが重要です.

 

しかし、

たった1本のラインを引いただけで

驚くほど相場の方向性が掴めるようになるのです

 

それがこちらです▼

 

この様に、一見何の変哲の無いようなチャートでも、

・水平線ラインを引く

・トレンドに沿ってラインを引く

たったこれだけの作業で、その日のトレード戦略がスムーズになるのです。

 

ライントレードの優位性について

ライントレードがなぜ優位性が高いのか?

 

答えは簡単です。

そもそも、トレンドライン、レジスタンスライン、サポートラインとは

複数のトレーダーの心理性を表しているものであり

 

未来相場を読み解く鍵でもあります

FXで継続的に利益を出し続けるには

トレーダーの心理をいかに読み解いて行けるかが勝負

 

獲得した利益を「着実」な利益に変えて行く為にも

抵抗ラインを意識しながら計画的なトレードはとても大切です

 

世界中のトレーダー達が注目する「ライン」は、必然的に優位性の高いものとなります

相場で生き残る為にはまずは「ライントレード」をマスターしましょう!

チャートに「ライン」を引く方法は、ネットでも公開されていますが

 

自分でライン引く場合、相場の状況や、トレーダーのセンスによってまちまちです

ラインはある程度正確に引く必要がありますので

 

ラインの引き方に自信の無い方は、こちらのような

「トレンドライン自動描写ツール」を利用してみることをオススメします

「プロ並みのトレードスキル」を最速でマスター出来る方法とは?

 

ライントレード導入のメリットとは?

 

などのメリットがあります。

私自身もライントレードを使いこなせるようになったことで、
本当の意味での自由を手に入れることができました。

ロジックに縛られない。
あらゆる相場で利益を狙える。

相場が存在するかぎり、

未来永劫、お金を生み出し続けることが可能になります。

 

しかし、これまでライントレードを本当の意味で体系的に教え、
マスターできる方法というのは存在しませんでした。

 

 

経済的自由、時間の自由、
そしてどんな環境でも利益をあげられるスキル。

ライントレードは、全てのトレーダーにとって、
もっとも重要なスキルだと私は思っています。

 

時間足・通貨ペアの縛りが一切無い

 

ライントレードが、シストレと大きく異なる部分とは、

時間足・通貨ペアの縛りが一切無い事です

 

その為、スキャルピング・デイトレード・スイングトレード等

様々なトレードスタイルをカバーしてくれます。

 

根拠の有るトレード戦略が実現する!

 

相場を正確に予想する事は、どんなに優れたトレーダーでも絶対に不可能です。

しかし、「確率論」で攻めて行くことは十分可能になります。

 

チャートに数本のラインを引くだけで、

トレンドの方向性を掴んでいく事が可能になります。

 

嘘だと思ったら是非試してみて下さい。

線の結び方は簡単です。

 

あなたが線を引いた所が意識され、

何処で反発するのかが一目瞭然になります

 

何処で反発するのかを、予め把握する事で、

損切りや、利益確定の目安を事前に知る事が出来るのです

 

何処で反発するのかを把握出来れば、

大きなトレンドに乗って利食いに繋げる事も可能になります▼

 

反対に、「損失回避」にも繋がるのです。

万が一ポジションが「逆行」してしまった場合でも、

相場の抵抗の強弱を知る事で、手短に決済することに繋がります

 

勝率の高い所を狙える

 

相場は、「天井」「底」この2つのエリアが存在します。

この、天井・底で「順張り」でエントリーしてしまうと、ポジションが高確率で「逆行」します。

 

しかし、「ライントレード」を活用することで、

そうした、相場の天井や底を予め把握することが出来るので、

致命的なミスを事前に避ける事が出来るのです。

 

そもそも、プロトレーダーは

「高い価格で」所で売って、低い価格で買い戻す

「低い価格」で買って、高い価格で売る

 

この2つを徹底していきます。

この二つを自然に実現出来るのが「ライントレード」なのです。

 

どんな相場からも利益に変えて行く

!本物のスキルを最速マスター

 

 

 

 

 

ページの先頭へ