窓埋めで+2.3pips

【実践通貨ペア】

ポンド円

【獲得利益】

+2.3pips

【トレード戦略】

窓埋めショート

プライス・ストラクチャーの公式ページはこちら

 

どうも~ゆめです^^

本日から9月がスタートしましたね。

暑い夏が終わり、季節が丁度一段落してきた所ですが、

未だ残暑が厳しいことが予想されます。

 

9月第一週の月曜初っ端から

ドル円・ポンド円共に上窓開けでオープン

本日窓埋めを狙いショートで入りました

 

実践時の相場の状況

【エントリー時のチャート】

右・・・ユーロ円15分足

左・・・ポンド円5分足

トレードじたのは本日の午前9時頃。

買いと売りの圧力が並行したややレンジ気味の相場でした。

 

このまま窓が埋まらないかな??

。。。。と、思いきや、172.812付近でブレイク

ブレイクした所を狙い、2.3pipsを獲得しました^^

 

ちなみに、この時はポンド円ではシグナルは出ていませんでしたが

ユーロ円15分足のほうはしっかりショートシグナルが点灯。

トレンドが加速するにつれ、ボイスアラートが繰り返されます

 

週末最高値が利食いターゲット

緑色のラインが週末の最高値ですね。

利食いするなら丁度この辺かな???

と考え、少ない利益でもプラスで終われば良いかな??

。。。という感じの勢いでした^^

 

予想に反し、相場は

週末最高値よりも手前で反転

例え少ない利益であってもプラスで終わることが大事です。

 

実は、窓埋め戦略に入る前に-トレードでしたが、

その後の窓埋めを含んだ2回のトレードでトータルプラスで終わりました

 

先週のトレードで約30pipsほど取れていたので

まずますの成績でしょうか?

 

では窓埋めはどのようにして戦略を立てるのか?

本日のトレード戦略に加え、

基本的な窓埋め戦略の手法をご紹介します^^

 

窓埋め戦略のコツ

 

「窓開け」とは、週明け独特のチャートパターンです。

上窓・下窓どちらに窓が空くかは、相場の状況により異なります。

傾向としては、ドル円が上窓なら、クロス円も上窓になるなど、

対同一通過ペアであれば(※クロス円)

同じ方向に窓が空きやすくなります

 

本日の場合典型的な上窓空きですね

【ポンド円5分 上窓空き】

週末高値をターゲットに利食いしましたように、

サポートライン・レジスタンスラインの関係が

トレード戦略のカギとなると思います

 

ちなみに、本日ショートで入った際には

同タイミングでユーロ円でもショートのシグナルを出していたのも

エントリーを決めた理由の1つになります。

異なる通過ペア・時間軸で監視するトレードスタイルもお勧めです^^

 

そんな訳で本日も「プライス・ストラクチャーFX」を使い

窓埋め戦略に挑戦してみました♪

この調子で今月も頑張りたいと思います

 

PS:

午前、午後で良い感じで利益が取れました^-^

本日のトータルはこんな感じです

さほど大した利益では無いのですが

常に根拠の有るトレードを目指しております

「プライス・ストラクチャーFX」はトレンドを狙うエースですね。

かなり愛用しています^^

3秒超体感トレード「プライス・ストラクチャー」FX詳細はこちら