ポンドドル1時間足から読み取れる今後の値動き

ポンドドル

上記はポンドドルの1時間足チャートです。

御覧の様に、1.66059付近を境に、急激なダウントレンドとなっております

MACDも50ラインを下回り、売りが有効な相場であることを示していますね

 

上記のチャートでは、ポンドに対して「ドル高」であることを示していますが

ドル円も同様に下落トレンドです

こちらは同時刻のドル円1時間足チャート

やはりドル円も103.37付近から急激にダウントレンドに突入

この所円高・ドル高(対ポンド)がかなり進んでいる様な気がしますね^^;

 

どうも~ゆめです

今日もプロフの衣装を変えてみました♪

 

トレードの傍ら、プロフ画像をいじって遊んでいました☆彡

たまには気晴らしも良いものです^^

 

さてさて、本日のテーマは

”テクニカルから相場の心理を読み解く方法”

について、私流ではありますが、簡単にお話ししたいと思います

 

先程のポンドドル1時間時間足ですが

GBPUSD H1

 

前日の安値を遥かに抜けた状態です

少し見えにくいですが、S3~S1を抜けた状態にあります

幸いにも、未だS3を抜けきれず、レンジに突入しています

丁度、S3付近に抵抗ラインを確認出来る為、

恐らくのれが理由でもみ合っているとも読み取れます

 

現在はもみ合っている状態ですが、

もしも、この先S3を下へ抜けてしまえば、更に下落が進むと考えられます


まぁ、あくまでもチャートから読み取った「予想」なので

実際にはどうなるかは分かりませんが、

このまま円安傾向が更に進めば、ナンピンEAなどを使うのはかなり危険行為かも知れませんね^^;

とにかく相場から継続的に利益をかっさらっていくには

トレンドに逆らわないことが一番良いのかなと思います

 

では今日はこの辺で☆彡

 

追記:

今話題のAnbushFXがかなり良い感じですね。

>>AnbushFXの検証をみてみる