IFD-OCO(イフダンオーシーオー)とは?

上記は、「逆張り」パターンのIFD-OCOの注文例

IFD-OCO(イフダンオーシーオー)とは、

指値(逆指値)とOCO注文を同時に発注する注文方式

 

初めに指定する、指値(逆指値)が約定しないと、OCO注文は発動されない仕組みになっており

私の場合は「当日限定」でIFD-OCOをたまに利用します^^

 

IFD-OCOは一般的に逆張りで入る場合の注文方式ですが

私の場合は「順張り」でもIFD-OCOでトレードを行います

 

前回の記事では「フィボナッチの使い方」についてお話致しました

本日は、IFD-OCOの有効な使い方についてご説明しますね☆

少しでもトレードのご参考になれば幸いです♪

 

IFD-OCOを「逆張り」で使う場合の戦略

例:逆張りで「売り注文」で入りたい場合

注:チャートはポン円の1時間足です

1 「売りで入りたい」レートに「指値」を指定します

2 利益確定の「指値」を指定します

3  損切りラインを指定します

※逆張りで「買い注文」で入りたい場合も手順は同じです

 

IFD-OCO注文「順張り」で使う場合

先程は「逆張り」でIFD-OCOを使う手順を説明しました

今度は順張りでIFD-OCOを使う場合の方法をお話します

 

例:現在レートが伸びている状態で、順張りで「買い注文」で入る場合

1 買いで入りたいレートに「逆指値」を入れます

2 利益確定の「指値」を指定します

3 損切りラインを指定します

 

この様に、順張りと逆張りでは、同じ「IFD-OCO」でも注文方式が異なってきます

順張りで「IFD-OCO」使う場合は、

最初の指定レートを「逆指値」で指定します

 

IFD-OCOを有効的に使いこなす為のトレード戦略とは?

「IFD-OCO」は、未来相場を予測して行う為

思惑通りに指定のレートで約定しない場合もあります

 

IFD-OCOを使いこなしていくには

やはりライントレードが非常に有効です

 

日頃からチャートにラインを引く癖を付けておくことで

「IFD-OCO」の様な特殊な注文を活用して

「半自動で利益を確定」していくことが可能です

 

ちなみに本日もこの方法で9pipsゲットしましたヽ(・∀・` )ノ

赤枠で囲っている部分は「IFD-OCO」で発注した取引結果

それ以外は全て成り行きです

 

普段忙しくて、余りチャートに貼り付けない人にもオススメの方法です

良かったら是否試してみて下さいね☆

ゆめ一押しのライントレードツールはこちら

 

 

無料レポートのご案内

ライントレード攻略レポート