今月から、国内のバイナリーオプションの取引システムが大幅に変更

国内大手GMOでも自主規制に基づいたルールに変更されています

 

平素はGMOクリック証券をご利用いただき誠にありがとうございます。
2013年11月18日より、自主規制ルールに沿った新しい『外為オプション』のサービスを開始いたします。

それに伴い、2013年10月31日より、新しい外為オプションの「外為オプション取引約款」、「外為オプション取引説明書」、「外為オプション
取引ルール」を公開させていただきます。
~GMOクリック証券より抜粋~

 

取引時間は最低2時間

スタート~から終了(満了)まで2時間に変更されました。

 

以前は、GMOクリック証券と言えば、バイナリーオプションの取引時間は10分程度であった為

上手く行けば10分で数十万稼げる美味しい取引スタイルでもありましたね^^;

 

私もGMOではかなり稼がして貰いましたから

今回のバイナリーオプション規制は本当に残念で仕方がありません。

 

国内のバイナリーオプション自主規制によって、海外の業者へ乗り換える人も多いと思います

「バイナリー自主規制」の本来の目的は、投資家の資金を保護する為とありますが

これでは、あまり意味がありませんよね。。

全く誰の為の自主規制なのかと思います

 

今後のGMOバイナリーオプションの必勝法は?

 

GMOクリック証券の場合、以下の3っのオプションが新規にスタート

◆ラダーオプション

◆レンジイン

◆レンジアウト

 

ちなみに、上記の画面は「ラダーオプション」の取引画面になります。

一応、先日「ラダーオプション」に挑戦してみました

 

トレンド相場なら「ラダーオプション」が有効かもね

 

基本的に「新バイナリー」も、FXで勝てればいけそうな気がします。

今後は「GMOバイナリーシグナル配信サービス」

。。なんてのも出てくるかも

 

今度のバイナリーは、取引時間が長い分、「ターゲッティング」もじっくり行えるので

やはり「ラインの見極め」が勝敗の决め手だと思います

 

そんなに難しく考えず、基本的にトレンドに付いていく形の方が勝ちやすいと思います

ゆめ愛用のライントレードツールを見てみる