FXのトレードにおいて、「トレンド転換の見極め」はとても重要。

なぜなら、トレンド転換を期に損切り、利食いの目安となるからです。

 

相場というものは、例えトレンドが発生していてもいつかはトレンドが崩れます

出来るだけ利益を最大に確保するためにも

トレンド転換を「裁量判断」で見極めていくことは大切です

 

どうも~ゆめです(」・ω・)

いつもブログをご愛読頂き誠にありがとうございます

読者様から寄せられるご質問の中で結構多いのが

「トレンドの転換の見極める方法」

です

 

そこでこのページでは、トレンド転換の見極めに役立つ

ダイバージェンスの有効な使い方をご説明したいと思います

 

ダイバージェンスはトレンド転換のサイン?

ダイバージェンスとは

一種のトレンド転換のサインです

 

ダイバージェンスとは、オシレーター系の指標の逆行現象であり

トレンド相場においてよく起きやすい現象です

 

ダイバージェンスは、私的に、MACDが一番見極めやすく

ダイバージェンスは「決済のシグナル」として頭に入れていきます

※慣れてくればエントリーの判断材料にもなります

 

こちらはつい最近のポンド円の15分足チャートです

ローソク足は高値を切り上げていますが、

MACDは逆方向へと向かっていますよね?

 

相場はやはりトレンド転換しています

見事にトレンド転換しています^^

だだし、ダイバージェンスは騙しもあり、絶対ではありません

初心者の方の場合、やはり練習が必要です

 

ダイバージェンスを利用して効果的に利食いするには?

ダイバージェンスに限らず、相場の動きを見極めていくには

やはりライントレードが有効です

 

ダイバージェンスの確認後、トレンド転換を見極めていくには

サポート、レジスタンスラインに注目します


もしかしたら、この先「ダイバージェンスのサインツール」

。。なんてインジケーターが出てくるかも知れませんが

こうした「鉄板相場」は、自分の裁量判断で見極めていく方が遥かに見つかりやすく

チャンスも多く到来します

 

先程のチャートの場合、このようなトレード戦略を取りました

サポートラインを超えたので、そこから一気に利食い

ポンド円 157.58⇒156.89  70pipsの利益獲得です

 

実際の利益はこちら▼

 

やはり、昨日の「窓」は埋まってしまいましたね。

昨日は窓が少し埋まったものの、買いの勢いがかなり強く感じられましたが

「窓」を超えて一気に相場はダウンしました。

暴落する時は、上昇の比じゃないくらい一気に暴落する傾向がありますので

そんな時はやはりチャンスかなと思います^^

 

この様に、ライントレードは様々な相場で活かせる手法です

本日は1回のみのエントリーですが、

チャンスが来たらまたトライしてみるつもりです^^

>>管理人おすすめのライントレードツールはこちら