銀河系最強のインジケーター
ギャラクシーライト

>>詳細はこちらをクリック

 

として、密かに注目を集めていますね。

勝率98%、年間3億円のハイリターンとの事で、

非常に高勝率であるインジケーターのようです

ギャラクシーライトとは?


20世紀最大の天才が生み出した
「相対性理論」
と、

21世紀の宇宙を切り開く、最先端の
「量子科学」

この2つの理論を組み合わせた
全く新しいロジックとの事です。

 

さらに、

  • 圧倒的な再現性で勝率97.9%、損小利大の激熱ハイリターン
  • トレンド系でもオシレーター系でもない第三のインジケーター

 

との事です。

 

トレンド系でも、オシレーター系で無い。。

とありますが、

大半のインジケーターはこの2つのいずれかに分類されます。

 

因みに、、トレンド系は「トレンドフォロー」です。

億スキャFXなどがその代表的な例。

億スキャFX 検証と評価実践感想

 

これに対して、オシレーター系とは

「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を示すテクニカル分析手法です。

ブラストFXや、Phoenix Trend FXなどがその代表例ですね。

 

正し、ブラストFXは、独自のルールにより、

サインは逆張りであっても、トレンドフォローとしても使えるインジケーターです、

 

基本、オシレーター系の方がトレンド系よりも反応が早く、

エントリーチャンスが多めですが、

オシレーター系はトレンドに弱い傾向があり、

工夫しながらサインを収集していく必要もあります、

 

今回の「ギャラクシーライト」は、

トレンド系、オシレーター系、いずれにも各当しないとの事で、

一体どのようなロジックになるのか

大変興味深いですね(^^)

ロジックはあくまでもトレンドフォロー?

 

この「ギャラクシーライト」は、

ダマシを回避して本物のトレンドから爆益を狙う

との事、

 

ですので、ギャラクシーライトのロジックは、

は基本はトレンドフォロー系のようです。

 

しかし、トレンドフォローの最大の弱点とは、

レンジに弱いという事。

 

大きなトレンドが発生している時は、サインの信頼度も高めで、

エントリーしてもない無く利益に繋がり易いと言えるでしょう。

 

ですが、「ギャラクシーライト」は、

レンジを着実に回避する機能搭載

との事です。

レンジ相場を回避し、「トレンド相場」のみを見抜いていける

 

ギャラクシーライトの趣旨とは、

絶対に誰でもカンタンに、レンジ相場を回避して、
 トレンド相場だけを見いていく事

との事。

これが簡単に出来たらトレーダーは苦労しません。

 

ですが、工夫次第でレンジ相場を回避していける事は事実です、

レンジ相場にも様々なパターンがあるので、

レンジ相場をパット見て、その方向英を判断していく事は難しいのですが、

 

そもそも相場とは「市場心理」で形成されています。

この市場心理をしっかり捉えていく事で、

レンジ相場から、その後のトレンドの方向性を判断する事は十分可能です。

 

裁量判断では難しくとも、インジケーター等を活用すれば、

レンジ相場を上手く回避していく事は十分可能だと思います。

勝率アップ専用のシステム:レンジ相場を一瞬で判断出来る?

ギャラクシーライトには、どうやら以下の機能が備わっているみたいです

 

■点灯していたらトレンド
■消灯していたらレンジ

 

つまり、

レンジかトレンドかを一瞬で判断出来るという事ですね。

 

本来、通常のインジケーター等では、

レンジ相場をサイン点滅等で知らせてくれる機能は殆ど備わっていません。

使用する時間足にもよりますが、

そもそも、正確にレンジ相場を判断していく事は容易ではありません。

 

ですが、今回の「ギャラクシーライト」は

これまでのインジケーターの常識を覆すものなのかもしれません。

詳しく見てみる