こんにちは♪YUMEです。

ドラゴン・ストラテジーFXをフルに活かす為の

YUME式 FXビクトリーロード必勝講座

 

大3回目となる今回のテーマは

”「売り優勢相場」と「買い優勢相場」の判断方法”

になります。

 

 

これまで、過去2回の無料講座では、

主にドラゴンストラテジーFXのインジケーターをフルに活用しながら、

:「レンジかトレンドかを判断する方法」

:「その日の相場の流れを掴む方法」

についてお話してきました

レンジかトレンド相場かを「明確に」判断出来るインジケーターとは?

 

その日の相場の流れを的確に掴んでいくには?

 

ここまで自然に御自身の裁量で出来るようになれば、

勝ち組トレーダーの仲間入り」迄後もう少しです。

 

※本日はメルマガ読者様限定の記事になります。

是非今後のトレードの参考になれば幸いです☆

「売り優勢相場」と「買い優勢相場」の判断方法

 

これまでに、「ドラゴンストラテジーFX」において、レンジ相場における利食いのコツと、

その日のトレンドの方向を掴み方についてお話してきましたが、

 

今回は、より、的確に利益を得て行く為に

売り優勢相場、買い優勢相場の判断方法について解説します。

 

基本的に、レンジ相場よりも、

「トレンド」の方が勝率が高いので、

初心者の方でも利食いに繋がり易くなります。

 

まずは、この辺をしっかり押さえていきながら、

「売り」「買い」どちらで攻めるべきかを判断していきます。

相場の状態を掴む為カギとなる「ドラゴンバンド」

まずはざっくり「4時間足」で見て行きましょう▼

 

緑のラインより外側・・・買いが優勢な相場

緑のラインより内側・・・売り優勢相場

 

基本的にはこの様な読み方をしていくのが一般的な判断方法です。

但し、4時間足なので、「上昇トレンド」であっても、反発が起こり失速しますので

そのような「調整」には注意しましょう。

 

ここで、「売り優勢」「買い優勢」かを判断するには、

ドラストFXの「3種の神器」の1つである、「ドラゴンバンド」が多いに役立つのです。

 

ドラゴンバンドとは?

 

ドラゴンバンドとは、平均足をバンド上に覆っている移動平均線の事。

このバンドの幅により、レンジ相場を判断することも可能で、

 

バンドの内側・外側どの位置に有るかによって、

「売り優勢」なのか、「買い優勢」をしっかり判断する事が可能になります

 

もう少し拡大してみましょう

 

緑色のラインは「トレンドライン」と呼ばれるもの。

バンドの外側(買い優勢相場)では、大きく相場が上昇しているのに対して、

内側(売り優勢相場)は下落していますね。

 

さらに、チャートを良く見てみると、

バンドの内側である「売り優勢」な相場では、真ん中の緑ラインを抜け切れず、

トレンドが右肩下がりに下がっていますね▼

 

この様に、「ドラゴンバンド」に内側にもぐりこんだ場合は、売りの圧力が強い事を示しているので、

この場合は素直に売り注文を中心にエントリーします。

 

従って、5分足に直した場合は、

以下ようなタイミングでエントリーすれば勝率が上がります▼

 

「売り注文」なら、出来るだけ「高値圏」を狙う事が鉄則!

安値圏で「サイン」が出ても様子を見る事。

 

ちなみに、買エントリーの場合は、売りエントリーのパターンと反対になります。

 

 

この様に、ドラストFXには様々な機能が組み込まれていますので、

「売り優勢」「買い優勢」いずれかを判断していく事が可能になります(^^)

 

まずは、

「基本ルール」をしっかり徹底しながら

デモトレードから挑戦してみて下さいね☆

 

PS,

私からドラストをご購入された方には

お得な特典もご用意しております▼

 

 

未だお持ちで無い方は、

是非私の特典付きでゲットして下さいね(^^)