【講師】もってぃー

商材名 ゲイスキャFX ローソク足を使わない!ゲイスキャFX
商材レベル 初心者~中級者 評価:
概要 手法&魔法のツールのセット販売 新発想の1分足スキャルロジック
投資スタイル 1分足スキャルピング バイナリーオプションにも応用が可能

 

最近この「世界一わがままなFXの稼ぎ方」こと、

「ゲイスキャFX」のお問い合わせが殺到しています。

今回講師を務めるのが「もってぃー」さん。

公式ページはこちらをクリック

 

ぱっと見かなりインパクトが高いお方ですね。

それもそのはず、最強ゲイトレーダーが明かすロジック

。。。になるそうです。

※早速「ゲイスキャFX」をゲットしてみました▼

ゲイスキャFXを早速ゲットしてみた!

もってぃーさんってどんな人なの?

 

もっていーさんは、FX攻略.com等でセミナー講師を務める実力派プロトレーダー

ご自身でもブログをお書きになっているお方です。

私は、この方を今日まで存じておりませんでしたが、

この業界ではかなり有名なお方だそうです。

 

元々短期トレードがお得意なお方なのでしょうか?

スキャルピング・デイトレードと、

幅広い範囲で独自のロジックで勝ち続けているそうです

 

そして今回解禁されるのが

もってぃーさんの手法が教材化された

ゲイスキャFX

になるそうです。

相場をATMに変えていける手法?

 

確かに、相場は考え様によっては「ATM」みたいなものです。

空いた時間を利用して、適度なタイミングで売買を仕掛けていけば

それだけ利益に繋がり易くなります。

 

この「適度なエントリーンのタイミング」と言うのは、

何も考え時に適当にエントリーするという意味では有りません。

エントリーのタイミングはもちろんの事、

損切や、決済の価格までエントリー前に把握しながら行う事を指します。

 

FXは簡単に言えば「エントリー後のレートの差」で勝敗が決まるので、

何処でエントリーし、出口をどの辺りに定めるのか非常に大切です。

この「ゲイスキャFX」も決して例外ではないはずです。

独自ロジック+「魔法のツール」で利益を積み上げてい

 

今回のこの「ゲイスキャFX」は以下がセットになっています

  • 新発想の1分足スキャルピングロジック
  • 魔法のツール

 

上記の2点を踏まえながら。売買ポイントを探って行きます▼

 

付属の「魔法のツール」を使う事でエントリーのタイミングを教えてくれるみたいですね。

こうしたサインツール等は

何処でエントリーしたら判断に迷う方には非常に大きな判断材料になると思います。

ローソク足を使わないスキャルピングロジック?

 

ローソク足(Candle Sticks)は日本人によって発明されたものです。

ですので、日本人トレーダーのほぼ9割5分はローソク足を使っていると思います。

(※私もローソク足しか使ってません)

 

しかし、欧米諸国ではローソク足以外に「バチチャート」「ラインチャート」なども使われています。

株の指標何かは良くラインチャートが使われていますね。

 

このゲイスキャFXもラインチャートを使った1分足ロジックになるそうです・

 

確かの、ラインチャートを使った手法を見た事が無いので

新発想の手法なのかも知れません。

ラインチャートとローソク足との違いとは?

 

私は、ラインチャートでトレードした事が無いので、あくまでも見た感じの感想ですが、

ローソク足よりもかなりシンプルな形である事は間違い有りません。

 

そもそも、ローソク足の場合、

「開始値」「終値」等複雑な情報が1つのローソク足に示されていますが、

ラインチャートには一切そういった情報を掴む事は出来ません。

 

しかし、かえってそうした余計な情報(※固定観念)が無い方が、

シンプルに相場の方向を読んでいけるかも知れませんので、

初心者の方にとっては良いのかもしれません。

 

正し、やはりローソク足に慣れてしまっていると、

なかなか「ラインチャート」を使いこなしていくまでには時間がかかりそうですね。

この辺は練習を重ねながら慣れるしか無いと思います。

 

ただ、既にローソク足を使っている人であれば、

ゲイスキャFXの手法を取り入れる事で、

ラインチャートの使い方も同時に身に付くものと思います。

捉え方は人それぞれなのかも知れません(^^;

 

販売ページには、「9割の日本人が負ける理由がローソク足に有る」と書いてありますが、

私は決してそんな事は無いと思います。

むしろ、相場の心理を読む為にはローソク足が欠かせません。

 

しかし、1分足スキャルであれば「ラインチャート」でも勝てると思います。

いずれにせよ、

短期トレードにおいてはエントリーのタイミングがとても重要です。

 

この辺をどの様に解説されているのか気になる所ですね。

この先の情報に注目したいと思います。

YUMEの購入レビュー・感想はこちら