こんにちはゆめです(^^)

いつもブログやメルマガをご愛読頂きまして

誠にありがとうございます☆

 

このブログを開設してから5年近く経ちますが、

私がここまで成長出来たのも

いつも応援して下さる皆様のおかげでございます♪

本当にありがとうございます\(^o^)/

 

私を支えて下さる読者様に感謝の気持ちを込めて

今回のテーマは

”暴れ馬「ポンド円」の攻め方”

を書いてみたいと思います。

 

これからお教えするノウハウは、

私がこれまでのトレード経験で習得した手法になります。

是非、今後のトレードの参考になれば幸いです。

ポンド円の特徴について

 

ポンド円は、クロス円の中でも最も値動きの激しい通貨ペアです。

基本的に、ロンドンタイム以降(※日本時間の夕方5時頃~)のほうが

値動動きが活発になりがちです。

 

対円の影響で、ドル円の影響も受け易く、

ポンドドルと相関関係もやや高めの傾向にあります。

つまり、ポンド円とポンドドルは似た動きなり易いという事です。

 

ユーロ円に比べ馴染みが薄いイメージですが、

ユーロ円よりもボラティリティーが高い傾向にあり、

ハイリターン・ハイリスクな通貨ペアでもよの知られています。

 

特に「下落」の場合は、勢いが半端なく、

何かのトリガーで1円~3円程度一瞬にして下落する場合もあり、

”暴れ馬”

と呼ばれています。

 

ポンド円の大暴落で記憶に新しいのが「Brexit」ですね。

この時は、わずか3時間で30円も下落

 

流石にここまでの下落はそう起こるもんじゃ有りませんが、

もしも、てっぺんの最高値で「ロング」で入っていたとしたら

ホント、恐ろしいですよね(^^;

 

この様に、ポンド円という通貨ペアは、

落ちる時はガツンと落ちやすい

 

ポンド円は、下手にエントリーすると「爆死」する事も有るので

エントリーのタイミングを慎重に判断せねばなりません

ポンド円1通貨だけでは「方向性」が見えてこない??

 

これは、あくまでも私の見解なのですが、

通貨の価格が変動していくのは、他の通貨のバランスの影響も有るので、

1つの通貨ペアだけを監視しても、方向が掴みにくいのです。

 

私の場合、ポンドだけでなく、ユーロや円のバランスも考慮しながら

ポンド円の方向を探っていきます。

 

デイトレードを長く経験している方なら分かると思いますが、

「今日はドル円が下がっているなぁ。。」

とか、

「ユーロドルの買いの圧力が強いなぁ。。」

 

など、チャートを開いた時に、

価格の大よその概要が掴める時って有りませんか?

 

要するに

通貨取引のバランス

を判断していく事が重要であると私は考えています。

「ポンド円の」利食いに繋がり易いタイミングとは?

 

やはり、ポンド円に限らず

”トレンドの方向が固まった時を狙う事”

のが一番の狙い時だと思います

 

その代わり、リバウンドし始めると、とことん戻していく場合もあるのですが、

とにかく、レンジを避けるようにしています。

 

下手にエントリーすると損切りで終わってしまうので、

出来るだけトレンドの天井・底を狙うように心がけています(^^

「ポンドドル」との相関関係を探る!

 

同じ「ポンド絡み」である、「ポンド円」「ポンドドル」は、

有る程度相関関係の高い通貨ペア同士としても有名です。

 

この2通貨ペアが同時にブレイクした時にエントリーすれば

利食い成功率が高いです。

 

四角で囲んだ部分は、ポンド円とポンドドルが同時に動いたタイミング。

出来れば1時間足以上のタイムフレームで比較するのがベストだと思います。

 

よく、初心者の方で勘違いされている方が多いのですが、

早く利益に繋げたいあまりに、

5分足しか見ない人がいます。

 

スキャルピングにせよ、デイトレードにせよ、

相場全体の動きを予め掴んでおく事が大切なので、

 

出来得れば1時間足などのタイムフレームも見ておく事をお勧めします。

1通貨ペアのみの「マルチタイムフレーム」では

トレンドの方向を判断するのに情報が不十分ですが、

 

上記のように、

2通貨ペア同士を比較する事で、

マルチタイムフレームの精度もアップさせる事が可能です。

 

時間が有ったら是非試してみて下さいね(^^)

 

ちなみに、今回ご紹介のシグナルはこちらです

人口テクノロジーが生み出した奇跡のロジック~ブラストFX~

 

もう何度かこのブログでもご案内しておりますので、

ご存じの方も多いかと思います。

※レビューはこちらです▼

Black AI・ストラテジーFX (ブラストFX )を買ってみた!

 

ブラストFXは、順張り・逆張りの要素を踏まえたロジック

基本は、押し目や戻りを狙っていきます▼

 

あらら、ドル円110円って相当昔のチャートですね(^^;

 

しかし、こうしたトレード戦略は今後も変わらないと思うので、

少しくらい古い検証画像であっても、あまり気にしません。

ブレイクアウトなどのトレード戦略は、今後も相場で生き続ける事と思います。

 

ちなみに、今ならこちらの特典も貰えちゃいます♪

 

この特典の内容は、要するにトレンドの発生しやすいタイミングになります。

相場にはこうした「チャンスタイム」が存在するのは確かなので、

是非、この特典だけでもチェックしておいて下さいね☆
プレゼントの詳細を見てみる!

 

ちなみに、上記の特典は期間限定配布になりますので、

既に終了の際はご了承下さいませ(^^;

 

 

以上、本日は

”ポンド円の攻め方”

についてお送りしました。

 

 

少しでも今後のトレードの参考になれば幸いです♪

ありがとうございました☆

こちらもおすすめです!

元機関投資家が明かす!秘密のロジック

元機関投資家の、藤田さん直伝の秘密のロジック

この方法は、プロトレーダーが意識する方法なので優位性が高くおすすめ。

スマホからも簡単に実践が可能です♪

レビュー

詳しくはこちら