滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-(ワインディングロードFX)

【概要】

元サラリーマン、滝澤伸悟による、

正攻法トレンドフォローロジックの公開

【商材レベル】

初心者向け
公式ページはこちら

 

 

こんにちは♪ゆめです(^^)

最近非常にお問い合わせの多い商材です。

今回は、この滝澤さんの「WINDING ROAD FX」の中身を検証していきたいと思います。

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)とは?

 

滝澤伸悟さんの、「WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)」とは?

5つのステップでトレードが完結出来る、

極めてシンプルなトレードロジックになります。

 

具体的なトレードのデ順は、以下のようなステップです▼

 

専用のインジケーターと、独自の手法がセットになった商材。

基本的には、サインを基準に売買を判断していくスタイルになります。

この為、初心者の方でも実践がに取り組み易いと思います。

商材の中身について

◆基礎・準備編

  • FXを始める前に
  • 経済指標・資産管理について
  • FXの口座開設方法
  • MT4の設定方法
  • スマホの準備方法

※この章は、MT4の説明等のFXの基礎的な内容が中心になります。

 

◆手法ノウハウ編

  • 上昇トレンドのエントリー方法
  • 下降トレンドのエントリー方法
  • 損切り・利益確定のタイミングについて
  • スマホでのエントリーのタイミングについて
  • スマホでの損切り・利食いのタイミング

※「Winding Road FX」のエントリー・決済のタイミング等

具体的な手法の説明になります

 

◆システム設定編

  • システム設定方法
  • システムの説明
  • システムでの売買方法

※主にシステムの設定方法や、有効な使い方などについて解説。

インジケーターの特徴なども同時に学んでいきます

 

商材は、動画が中心になります。

全体的なボリュームもそれ程多くなく、普通かなと思います(^^)

2~3回も動画を見れば、大体の手法の概要が掴めると思います。

具体的なエントリー・決済のタイミングについて

 

チャンスが来たらサインでお知らせしてくれます。

正し、サイン=エントリーでは有りません。

独自のルールに照らし合わせながら売買を判断していきます。

 

損切りを時金の3%に抑えるので、

このルールをしっかり守れば、さほど大きく負ける事は無いでしょう▼

 

よく、初心者の方で有りがちな失敗として、

損切り幅を不用意にズラす人がいますが、

場合によってはそれも有りですが、

一度決めた損切りラインはしっかり守る事が望ましいでしょう

 

何度も損切りをずらしたりしていると、癖になってしまいます。

「コツコツドカン」と、負ける確率が高くなるので絶対にお勧めしません。

 

トレンドの始点を判断しながらエントリーが可能なロジックです▼

ロングエントリー

 

ショートエントリー

 

この様に、「WINDING ROAD FX-」の基本的な利食いパターンとは、

ブレイクアウト

ですね。

 

専用のインジケーターでサインと「独自ルール」を組み合わせた

半シストレ」×「半裁量」的な内容になります。

 

「裁量」と聞いて、難しいそうなイメージを抱くかも知れませんが、

この世界は裁量判断無しで勝ち続ける事は不可能です。

 

「Winding Road FX」に限らず、

ほんの少しの工夫で勝率を引き上げる事が可能です。

滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-で勝つための3つのポイントとは?

 

しかし、誰でも初めの一歩は有りますので、余り難しく考えずに

まずは「ルールを徹底」しながら取り組んでいく事で、

実践と共に、さらに裁量スキルを引き上げていけると思います。

WINDING ROAD FX特典付きご参加はこちら

 

マルチフレーム対応のトレンドフォローロジック

 

WINDING ROAD FX」は、全時間足・通貨ペア対応しています。

ですので、スキャル~スイング等幅広く使える手法です。

 

トレンドフォローにせよ、カウンターロジック系にせよ、

マルチフレーム(※異なる時間足のチャート)を、事前に確認するのが普通です。

 

基本的にどの時間足でも実践が可能ですが、

大きな時間足の方向を重視しながら、

短いスパン足で売買を判断する形がやり易いと思います。

 

ただ、「マルチフレーム」だけでは不十分なので、

ドル円以外の主要な通貨ペアの動きは必ず見ておいた方が良いでしょう。

通貨の「相関関係」を意識する事で、さらに勝率アップが期待できます

管理人の実践トレードの結果

「WINDING ROAD FX」は、一応、「専用のインジケーター」が付属してきますが、

メタトレーダーでも簡単に再現出来るので、

専用インジケーター以外のシグナルを使用してもOKです。

要は、手法を理解してしまえば良いのです。

 

大体の利食いのパターンは、以下のようなスタイル。

たまたま「ユート買い」が先行した時の管理人のトレードの結果です▼

ユーロドル ロング +45.6pips

 

↑この日は、前日の要人発言により、ユーロドル・ポンドドルが高騰。

丁度、白い丸で記しを付けている部分から一気に急騰。

私が実際にトレードしたのは、翌日のロンドンタイム行こうになります。

 

この日の翌日は、一時的に「ユーロ買い」が失速しましたが、

それでもサポートラインを割らずに上昇の傾向を感じられました。

こんな時は、下手にショートで入っても差ほど利益の見込みが無いので

ロング目線の方が勝てる確率が高まります。

 

そして、こちらがNY時間以降のトレード▼

ユーロドル ロング +22.0pips

 

実は、この日は金曜日の週末であり、実際にエントリーしたのは朝方の4時頃

かなりユーロ買いが先行していたのでしょうね。

押し目を狙く形で、OCOを入れそのまま放置。

 

この日だけで+67.6pips取れました(^^)

 

しかし、滝澤さんは凄いですよね。

講師:滝沢伸悟さん

 

150万を、1800万にまで増やしたそうです▼

 

これに比べたら、私の実績なんて全然大した事有りません(笑)

ですが、トレンドの流れを掴む事に関しては、

私も決して負けていませんよ(^^)

手法まとめ

評価90点

滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-

 

典型的なトレンドフォローロジックですね。

今回の私が実践したような「ドル買い先行」や、「ユーロ買い先行」

明確なトレンドが出ている時は、大きな期待が持てるロジックです。

しかし、移動平均線がメインのトレンドフォローロジックなので、

レンジではダマシも有る事でしょう。

 

ですが、「レンジとトレンドを区別する」事もトレードにおいては重要であり、

練習次第で誰でも区別出来るようになります。

 

※レンジ」とトレンドを区別する方法に関しては、

私の特典で公開しております♪

是非こちらをご参考頂ければ幸いです(^^)

 

特典のご案内

当サイトからお申込みでもれなくお得な特典もゲット出来ます♪

「利益に直結しやすい具体的な手法」を公開致します。

是非特典の方もご活用頂ければ幸いです☆彡

 

▼特典の詳細はこちらをクリック♪▼

 

特典の受け取り方

お申込み時に必ず以下の画面が表示されていることをご確認下さい▼

 

上記の画面が問題無く表示されていればその後特典も問題無くお受け取り頂けます。

※特典のダウンロード期間はお申し込み後14日間のみです。

ダウンロードはお早目にお願い致します

また特典は予告無しに削除致しますので予めご了承願います

▼※上記の特典以外にも、以下の特典もお付けします▼

※こちらは1月下旬のお渡しを予定しています。

購入者の方には個別でご連絡を差し上げます☆

特典の付きご購入はこちら

 

 

終わりに

 

長文にも関わらず、ここまでお付き合い頂き有難うございます。

今回レビューしました、

滝沢伸悟さんの「WINDING ROAD FX」とは、決して真新しい手法では有りませんが、

王道的なトレンドフォローロジックです。

 

トレンドには幾つかのサイクルが存在し、

一番おいしい部分をごっそりと利益に繋げていける手法です。

 

私の場合のブレイクアウトの考え方と、滝澤さんではやや異なりますが、

トレンドの波・パターンをしっかり捉えていくという点においては

共通しています。

 

FXは、決して簡単に楽して勝てるものでは有りませんが、

少しでも多くの「有意性の高い手法」を身に付け、相場に応じて使いこなして行く事が、

勝ち続けるコツです。

 

滝沢さんの手法も、しっかり仕組みさえ覚えてしまえば

様々なインジケーターや、手法にも応用出来ますので、

この機会にぜひ私の特典付きでゲットして下さいね(^^)