本日はこちらのツールの検証になります。

 

こんにちは♪ゆめです(^^)

2018年がスタートしましたね♪

 

今年はどんな相場になるのでしょう

トレンドの行方を正確に予想出来る人間などいませんが、

近未来相場であれば、有る程度の方向を掴む事は可能です。

 

今回のテーマは、

世界的にも注目度の高いアメリカの指数である、

「ダウ」と「ドル円」の2つの動きに着目しながら、

ドル円とダウの相関関係から掴める「トレンドの方向性」

 

についてお話したいと思います。

是非今後のトレードの参考になれば幸いです☆

ダウとドル円の相関関係について

 

上・・・ダウ 1時間足

下・・・ドル円 1時間足

 

上のチャートがダウで、下のチャートがドル円になります。

(※それぞれ1時間足)

 

ダウとは、アメリカの工業指数であり、

アメリカの経済が好調であれば、ダウは買われます。

 

一方、ドル円も「ドル買い」が起こる事でドルが買われ、

ドル円は上昇する傾向にあります。

 

「ダウ」と、「ドル」は、共にアメリカの経済が絡んでくるので、

相関関係に有ります。

「相関関係」って何??

相関関係とは?

互いに影響しながら、連動して動きやすい傾向に有る事。

「正の相関」と、「負の相関」の2つの相関関係が存在します。

 

FX初心者の方の大半が「1つの通貨ペア」でトレードしている事でしょうが、

為替は、他の金融商品・指数の影響して動く事が多いので、

 

有る程度トレードの慣れてきたら、

ドル円とダウのような「相関関係」にも着目すると良いと思います。

通貨の性質・相関関係を考慮することで、

トレンドの方向性も掴みやすくなるのです(^^)

 

上記のドル円と、ダウのチャートから判断出来る事とは、

”ドル円とダウは、似たような動きになりやすい”

と言う事でね。

どんなタイミングでエントリーすれば、勝率が高いのか?

 

先ほども説明した通り、相関関係には「2つのパターンの動き方」が存在します。

それが、「正の相関」と、「負の相関」です。

 

正の相関とは、互いに連動して動くパターンで、

負の相関とはその逆。

 

この事から、「負の相関」「正の相関」

どちらのタイミングで売買を仕掛けたとしても勝てますが、

 

基本的には、

「正の相関」のでエントリーを仕掛けた方が

圧倒的に勝率が高いと言えます。

 

ではどのようにして、ドル円とダウの2つの銘柄から、

「正の相関のタイミング」を把握していくのか?

「正の相関のタイミング」を区別するには?

やはり、「カウンタートレード」ですね。

私の場合。

 

こちらのブラストFXは、逆張りなので、

カウンタートレードに適したロジックです▼

 

同タイミングの「ダウ」も上昇していますね▼

 

残念ながら、私の使っているトレードビューはダウチャートの表示が出来ないので、

別サイトのチャートを使っています。

 

冒頭で紹介した、ダウ&ドル円のチャートでも「正の相関」を示しているのが分かります▼

 

今回は1時間足を仕様しているので、

ダウ、ドル円共に「負の相関」の方が目立ちますが、

長いスパンだと、連動して動いている事が分かります。

まとめ

 

今回は、ドル円とダウの2つの異なる銘柄に着目しながら

基本的な「相関関係の仕組み」についてお話しました。

 

初心者の方にとっては、初めて行く言葉かも知れませんが、

”ドル円とダウは連動して動きやすい”

 

この事を覚えておくだけでも、

今後のトレードライフが有利になるかも知れません。

是非今後の参考になれば幸いです♪

 

所で、今回ご紹介したのは、「ブラストFX」です。

私が毎日愛用しているシステムです▼

Black AI・ストラテジーFX (ブラストFX )を買ってみた!

 

ブラストFXの最大の魅力は、逆張り・順張り両方のトレードが可能な事

先ほどのチャートでもしっかり「逆張りの」買いサインを出していますね▼

 

 

今なら、スペシャル特典も無料で貰えるそうです▼

特典利益率3倍の爆益トレンド攻略法(※期間限定)

 

こちらは2つのセットになっているそうです▼

 

期間限定配布なので、早いもの勝ちですよ(^^)
特典の詳細を見てみる

 

 

 

以上、本日のテーマは

「ドル円とダウの相関関係から見えるトレンドの方向性」でした。

次回はさらに高度な技術を教えます☆

 

有難うございました♪

関連記事

「ドル買い」と「ドル売り」の違いを比較してみる!

 

大トレンド転換の「予兆」の見分け方のコツとは?