【名称】

Easy Scal FX(イージースキャルFX)

 

今回新たにリリースされた、

Easy Scal FXとは、ドル円に特化したシグナルになります。

それも、シグナルの部類では珍しい「逆張り」です。

 

最近このブログにも非常にお問い合わせが多い商材であり、

クリスりティリングさんの商材です。

同社による関連の商材はこちら▼

 

いずれも初心者向きの商材であり、

なお且つルールがシンプルで非常に分かり易い商材です。

 

さて、今回のEasy Scal FX(イージースキャルFX)は果たしてどうなのか?

この辺についてもじっくり検証していきたいと思います

Easy Scal FX概要

  1. Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

    評価 3.5
    分かりやすさ 3.5
    優位性 4.0
    対象レベル:
    初心者

    ドル円に特化した逆張り系のスキャルピングロジック。エントリーチャンスが多く終日通してチャンスが到来

    詳細を見てみる

相場の70%を占める「レンジ」で活躍!

 

イージースキャルFXは、逆張りのタイミングでエントリーしますので、

トレンド相場よりも、レンジに強いロジック。

 

エントリーのタイミングを全て自動でお知らせしてくれるので、

初心者の方でもスムーズに売買を判断していくことが可能になります▼

 

内容をまとめると以下のような感じです▼

  • サイン通りにエントリーしても勝率70%が期待出来る
  • ドル円に特化したシグナル
  • 1つの相場だけで10年間無敗のロジック

 

まぁ、色んな商材を検証してきましたが、

勝率なんて単なる目安でしか有りません。

 

どんなに優れた高勝率を誇るロジックであっても、

自動売買でも無い限り、トレード環境などがが異なるので

勝率は個人差が生じてきます。

 

新しい商材が出る度に

「○○商材は勝率どのくらいですか???」

などと質問して来る人が結構いますが、

勝率云々は、資金管理をしっかり意識した上で考えることが重要なので、

決して、表面的な勝率だけで語れるものでは有りません。

 

目先の勝率ばかりを気にしている人は、

恐らくこの先もFXで勝てないと私は思います。

 

まぁ、それはさておき、

Easy Scal FX(イージースキャルFX)は逆張りなので、

レンジ相場に適したロジックであることが、検証チャートから判断出来ますね。

ドル円専門のスキャルピングロジック

 

簡単に言えば

ドル円だけ見ていれば良い

と言う事ですね。

 

反面、ドル円でしか利益を上げられない

。。。。と言う事になりますが、

この辺は他のチャートを使えば問題は無いと思いますね。

 

ドル円は、ユーロ円等のクロス円と相関関係が高いので、

ドル円が「円安」になれば、ユーロ円にも少なからず影響が出ます。

上手く活用していけば、他の通貨ペアでエントリーチャンスを掴む事だって可能です。

 

また、初心者の方は、

初めから複数の通貨ペアを同時にチェックするのが難しい傾向にあるので、

そう言った意味では

”ドル円一点集中攻撃”

の方が分かり易くで良いのかもしれません(^^

10年間無敗は本当なのか?

こちらが、ここ10年間の運用実績になります▼

 

2005年~2016年の実績なので、

確かに10年間無敗というのは本当のようですね。

 

このデータ―が仮に本物であれば

素晴らしい成績だと思います。

 

正し、このデータ―はFX経験者による実績なので、

全くの初心者の方が同じようなデーターを取り続けた場合とでは、

やはり誤差が出ると思います。

ですので、こちらも目安と考えるべきです。

 

「人の心理」が絡んで来るマーケットにおいては、

数字だけが全てでは有りません。

 

しかし、勝率の高いタイミングを狙うことは可能で、

そうしたトレードを積み重ねていけば、

間違い無く資産を増やして行くことは可能だと思います。

 

Easy Scal FX(イージースキャルFX)も、

上手く使いこなしていけば、それなりに期待出来るものだと思います。

初心者でも1日数万円の利益を叩き出せる???

 

上記の検証チャートですと、1日平均2万円くらいの利益を叩き出していますね。

しかし、これはあくまでも1回のエントリーが10万通貨の場合です。

5万通貨であれば、この半分の利益になります。

 

ちなみに、仮に100万通貨の取り引きなら、10倍の利益。

つまり、FXはエントリーの枚数によってリターンが大幅に異なるのです。

ですので、こちらも自己資金に応じて異なってきます。

 

こうした部分だけに囚われずに、

FXの取引の基礎を徹底的に覚えることが大事です。

まとめ

 

過去の検証実績を拝見する限りでは、

非常に絶妙なタイミングでサインを点灯しているので、

 

上手く使いこなせるようになれば

ある程度期待感が持てる教材だと思います。

 

こうしたシグナルの実践を積み上げて行くことで、

自然と、裁量スキル向上に繋がります。

 

ツール開発者はここが目的でしょう、。

決して機械的なエントリーの繰り返して

簡単に投資で儲けることが目的では無いはずです。

 

実際、私もこうしたシグナルツールを使いながら

売買のコツが掴めるようになりましたので、

 

エントリーや、決済に自信の無い方は、

こうしたシストレを活用するべきだと思います

Easy Scal FXの詳細を見てみる