黒田総裁

 

昨日、9月21日は「日銀政策金利発表」が行われました。

今回の日銀会合の焦点も「追加緩和の是非」でしたね。

結果的に、「長期金利の目標導入」ということで、

金融緩和政策が強化されることになりました。

日銀は、21日まで開いた金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策の導入からおよそ3年半がたっても、目標とする2%の物価上昇率が達成できないことを踏まえて金融緩和策を強化するとし、
新たに長期金利が0%程度で推移するよう国債の買い入れを行う措置を導入することを決めました。
NHKニュースより

 

これにより、市場はポジティブな見方をし、

日経平均、ドル円共に一時的に上昇しました。

ドル円、一気に100.80付近まで急落後102.80まで急騰!!

%e6%97%a5%e9%8a%800922%e3%83%89%e3%83%ab%e5%86%86

 

日銀の発表は、大体11時45分~13時30分くらいにまで行われるのですが、

雇用統計のように、明確な時間が分からないので、

発表まで相場はかなり緊迫したムードでした(^^;

 

12時55分頃、相場がいきなり急変したので

「来たか???」

。。。。

。。。。

。。。。

と、思いきや、単なる個人投資家による投機的な動きでした。

 

前回の7月29日の時もそうでしたが、

日銀の発表は、結果がどうであれ相場が大きく変動するので、

様々なダマシ的な仕掛けが施されているのです。

 

危うく騙される所でした(^^;

が、動きが何となく怪しいので直ぐに騙しだと気が付きました。

 

発表直後の下落は一体何だったのでしょうか?

これについては良く原因が不明です。

日銀&FOMC迄のトレードの結果

s0921

 

【日銀発表時】

ユーロ円・・・+5.5pips

 

【FOMC迄の後退相場】

ユーロ円・・・+19.8pips

 

今回は、「日銀」と、後に「FOMC」が同日発表でしたので

かなり波乱な相場でしたね。

注目の「FOMC」の結果は?

 9月17日、米FOMCは金利据え置きを決定した。写真はイエレンFRB議長。ワシントンで7月撮影(2015年 ロイター/Yuri Gripas)  

 

今回の「FOMC」では、「利上げ見送り」。。。とのことです^^

まぁ、おおよその予想はしていましたが、

8月の雇用統計と、その後の米国関連の指標があまり宜しく無かったので、

恐らく9月の利上げは無いと見ていました。

 

結局、日銀の発表~その後の後退相場でトレードしていたので、

夜中発表のFOMC迄起きているのは体力的に限界があり、

昨日は夜12時半頃に寝てしまいました(^^;

 

昨日一日で取れた利益は+25pipsと、

あまり大した利益では無いのですが、

 

今後の「日銀発表」「FOMC」の戦略の為にも、

昨日の出来ごとを残しておこうと考え、記事にしています。

今後の相場の展開は?

koisou

 

今月は、ひとまず「日銀発表」「FOMC」を終えたので、

今後は有る程度方向が出てくると思います。

 

大雑把な目線で見ると、

大統領選と、11月と、12月のFOMCが注目ですね。

 

もし、トランプさんが大統領に当選すれば

急速に円高が進む。。。。と言われているようですが、

どうもトランプさんがかかげる発言は、

投資家達はネガティブな目で見ているようですね。

 

参考になれば幸いです☆

ゆめお勧めの商材

Flash Zone FX

 

元SMBキャピタルゲインでトレードの修行を積んだ後、

15年間負け無しの手法「Flash Zone FX」として独占公開

※最終オファーとなります

%e5%85%ac%e5%bc%8f%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%a1%e3%82%89

%e7%89%b9%e5%85%b8%e4%bb%98%e3%81%8d%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%a1%e3%82%892

 

 

ゴールデンスパイダーFX

天才トレーダーイサムさんの黄金のクモ糸FX.

トレードルールはシンプルながら勝ちやすい最強のインジケーター

※これさえあればレンジ・トレンドどんな相場でも活躍します!