EU離脱派が残留派を上回り「ポンド売り」が加速

 

1 [ロンドン 13日 ロイター] – 調査会社ICMが13日発表した電話とインターネットを通じた世論調査によると、英国で今月23日に実施される欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の是非を問う国民投票で、
離脱を支持する人の割合は53%となり、残留派の47%を6%ポイント上回った。

~引用元~

こんにちは♪ゆめです^^

昨日、13日のイギリスのEU離脱を巡る意識調査によれば、

離脱派が支持派を上回る結果となり

急激にポンド売りが加速

 

この日は、午前中の段階で既に2円以上失速していました。

最終的に、ポンドは1日で3円近く動きました!

矢印

0614gbp開始値

 

ちなみに、ドル円は、一時105円台まで失速。

ユーロ円に関しても119円を割り込みました。

 

「ブレイク好き」の私にとってみれば

こんな美味しい相場は有りません^^

 

黙って指をくわえてチャートを眺めているなんて

もったいなくて私には無理です。

「相場の動き」を伺いながら、じっとエントリーチャンスを伺っていました♪

ブレイクに乗って+167pipsゲット

こちらが

GBPJPY +167pips

s0614gbpjpy365

【獲得利益】+83000円

0614gbp365k

 

トータルで6回のトレードの結果になりまます。

1つだけ週末からの持ち越しのポジションもありましたが、

その他は全て1日で獲得した利益になります^^

 

このところのEU離脱を巡る問題で、相場が大きく乱れていますが、

仮にイギリスがEU離脱となれば、世界に与えるダメージは更に拡大すると思います。

キャメロン首相は「残留」を必死にアピールしていますが、

どうやらイギリス国民には届いていないようです。

 

話はトレードに戻りますが、

一体どのような戦略で利食いを行ったのか?

今後の参考のためにも書いておきたいと思います♪

逆指値エントリーで「安全なブレイク」を狙う!!

0614gbp逆指値エントリー

q1逆指値エントリーとは?

a2

現在レートよりも「高い」「安い」レートで順張りでエントリーすること。

トレンド相場で非常に有効な注文方法です。

 

要するに「レンジブレイク」ですね。

私が良く使う注文方法です。

 

その場の状態で「成り行き」で入ることも有りますが、

”着実にブレイクを狙う”

には、やはり逆指値エントリーを活用することが望ましいと考えています。

 

トレンドは永久的に続く訳では無いので、

昨日みたいな「売り優勢な相場」であっても、

時々反発を起こします。

 

出来るだけ短時間で「着実な利益」を狙う為には

相場が勢い良く動いている(可能性が高い)のを狙うのが

利食いのコツだと思います。

 

なので、私はよく「逆指値エントリー」を活用します^^

ここの所トレードも順調です。

こちらはメインで使っているリアル口座の損益の推移になります。

矢印

【GMO 結果推移】

6月8日14日

 

私の場合、1日20~、多くても50pipsも取れれば満足です。

レンジ気味で相場が不安定な時はエントリーしません。

「逆指値エントリー」を成功させるコツとは?

koisou

chekm-01レジスタンス・サポートラインを意識すること

chekm-01必ずレンジを抜けた所に「逆指値エントリー」を指定

chekm-01ターゲティングをしっかり行うこと。

 

私の場合、大体こんな所でしょうか?

この他、長い時間足や、他の通貨ペアの動きも必ず確認します。

 

とは言え、

有る程度トレード慣れしていれば

逆指値エントリーを上手く使いこなせるようになりますが、

初心者の方ですと、見極めが困難かも知れません(^^;

 

そこでお勧めなのがこちらのドラストFXです

s1125gbp

 

「ドラゴンバンド」

という機能が搭載されているので

ブレイクのタイミングを一目で判断出来ます

ドラゴンバンド

 

相場のボラティリティーが小さい時はバンドが狭くなり、

逆に「ブレイク」が発生した場合はバンドが大きく広がります。

レンジブレイクも簡単に判断出来ます

【レンジブレイク】

0630teikou

 

バンドが狭い時は・・・レンジ相場

バンドが広い時は・・・トレンド相場

 

「ドラゴン・ストラテジーFX(ドラスト)」なら

初心者の方でも簡単に「」を判断出来るので

お勧めです^^

ドラストFXの詳細を見てみる

 

 

ありがとうございました♪

ではでは。