本日はこちらのシグナルの検証です!

ブレイク予兆

 

こんにちは♪ゆめです^^

いつもブログやメルマガをご愛読頂きありがとうござうます。

 

本日は、今話題の

”4DFX -錬金スキャルロジック- ”

”ブレイクの方向の見極め方”

につていお話したいと思います♪

 

あくまでも私がこれまでに検証した結果です。

参考程度に留めて頂ければ幸いです(^^)

 

さて、話は戻りますが、

4DFXだろうが、何だろうが、

相場の勢いを利益に変えて行く為には

”トレンドの始点の見極め”

が非常に重要です。

 

通常のシグナルソフトの場合、

サイン発生=トレンドの発生

。。。というものが多いですが、

 

いざエントリーしても「スリッページ」などで損をしてしまい、

無駄なエントリーで終わることも決して少なくは有りません^^;

 

出来れば「ブレイクの兆候」を予め抑えておきたいですよね?

常勝トレーダーであれば

大半の方がトレンドの始点を相場から判断していることでしょう。

 

こちらの

4DFXであれば

有る程度の「ブレイクの方向性」を予測することが可能です。

矢印

4dfxh

4dfx公式ページ

 

有る程度FXに慣れた方であれば、

ブレイクの予兆を判断することが可能ですが、

初心者の方では難しい場合があります。

 

所が、4DFXの「Break Point Getter」であれば

予めブレイクの方向性を事前に予想することが可能です

矢印

ブレイク予兆

 

もう少し拡大するとこんな感じです。

矢印

ブレイクポイントゲッター

 

「赤いダイナマイトマーク」が「Break Point Getter」になります。

検証していると、結構見かけるマークです。

Break Point Getterの出現率は意外と高い??

 

「Break Point Getter」とは、

レンジ相場の時に出現率の高いシグナルです。

 

この「ブレイクポイントゲッター」が出た時点ではまだエントリーしません。

エントリーするのはローソク足の色が変化した時。

 

もう少し噛み砕いて言えば、直近を上下に抜けた場合、

エントリー条件そしては高勝率な傾向にあると思います。

それまでは待機状態となります。

 

「Break Point Getter」出現

矢印

相場が大きく動き出す時可能性が高い

。。。と予め念頭に入れておけば

トレードチャンスが広がり、資金効率アップが期待できます^^

ブレイクを予兆してサクッと「+8.6pips」ゲット!!

そんな訳で、

たまたま「Break Point Getter」を確認出来たのでエントリーしてみました

それがこちらです

GBPJPY +8.6pips

ブレイク予兆

 

念のためエントリー前のチャートがこちらです

【エントリー前のチャート】

ブレイク予兆

 

「ブレイク予兆サイン」の後にエントリーしたことが分かると思います。

 

ちなみに、後から気が付いたのですが、

ブレイクの最中は「Break Point Getter」が消えてしまう場合がありますが、

キチンと、安値・高値が更新されていれ、ばトレンド発生と判断して良いと思います

 

「Break Point Getter」

これ結構使えます^^

 

予兆シグナル点滅後、ブレイクがどちらに発生するかは

相場の前後の動きで判断していきましょう。

 

今回の検証の場合は、

直近高値から、少しずつ安値が更新されていたので

ショートエントリーが有効と判断しました。

まとめ

koisou

 

今回の検証に限らず、FXはトレンドに乗ることが利食いのカギです。

「初心者だから」

。。。とか、この世界は通用しません。

この世界で生き残る為には、

きちんと相場を見極めていける能力が必要です。

 

しかし、始めから諦める必要はありません。

トレード経験の積み重ねで、

有る程度の判断能力が自然と身に付いて来ます。

 

決して「4DFX」だけがFXの全てでは有りませんが、

実践を繰り返すうちに

あなたの裁量スキル向上が期待できます^^

 

活用次第で大きな戦力アイテムとなるでしょう♪

4DFXの公式ページはこちら

 

ありがとうございました^^

少しでも参考になれば幸いです^^