ポール・ジモンさんのFlash Zone FX(フラッシュ・ゾーン FX )を購入し、早速実戦

結果、数分で5pipsを獲得しました^^

矢印矢印矢印

GBPJPY +5pips

実戦結果

【獲得利益】

186.025⇒186.082・・+5pips

 

【検証レポートその2】

GBPJPY +9.8pips

0902gbp

183.857⇒183.955・・+9.8pips

 

実践した時間帯は2つとも午前中です。

※実践日は同一ではありません

丁度、この頃は相場がやや下向きに傾いていた所が

再び上昇し始めた頃

 

つまり

Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)

とは、

戻りを狙う逆張りトレードです

 

私は基本的にトレンドフォロー系の戦略がメインですが、

時には逆張りでエントリーもします。

相場には様々なパターンが有りますので、常に上昇している訳ではありません

1時間足で上昇・下降していいるように見えても、

5分足や、15分足では天上・底だったりします。

 

逆張り戦略の基本は

”トレンドの落ち目・戻りを狙う戦略”

ではないかな?

と私は考えています^^

順張りの「押し目」「戻り」とは少し違います

 Flash Zone FX(フラッシュ・ゾーン FX )の詳細はこちら

 

IFD-OCOを使えば更にトレードが楽ちんになります♪

IFD-OCOとは?

occ

IFD-OCO=イフダンオーシーオー

とは、簡単に言えば未来相場を予め予測しながら行う戦略す。

「未来相場」とか、少し大げさに聞こえるかもしれませんが、

私は忙しくてチャートに張り付けない時は「IFD-OCO」を良く活用します。

 

「今よりも高い(低い)レートで順張りでエントリーしたい」

「今よりも高い(低い)所で逆張りでエントリーしたい!」

 

要はIFD-OCOは順張りでも逆張りでも使えるということですね^^

上手く使いこなせると非常に」便利な注文方法です。

 

ちなみに、IFD(イフダン)とID-OCOの違いは、

IFDはエントリーと、決済レートの指定のみに対して、

IFD-OCOは決済レート以外に損切りラインも同時に注文出来るのです。

活用するのであれば断然IFD-OCOの方がリスク管理において便利です。

少しでも参考になれば幸いです^^

 

そんな訳で今後も地道にトレードを重ねて行きたいと思います。

今のところ、Flash Zone FXは結構使えるロジックだと思います。

ドラストFXとは全く異なるロジックなので、

順張り・逆張りを上手く使いこなせればそれだけトレードが有利になります。

それでは今日はこの辺で失礼します♪

 Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)の詳細を見てみる