IFD注文は結構使える?

IFD注文11月11日

【実践通貨ペア】

ドル円

【獲得利益】

115.381→115.781・・・+40pips

今回も「プラチナターボ」を使いました☆

PLATINUM TURBO FXの詳細を見てみる

【注文種別】

IFD注文(※当日限定)

 

雇用統計後、ドル円は一時的に113円台まで急落しましたが、

発表から2日経った昨日午後には115円まで回復。

一時的に116円台まで上昇しました。

 

実践時の相場の様子

前述したように、雇用統計発表から一時的に113円台後半にまで失速するも、

そこから一気に反転しているのが分かります。

 

週明けの月曜はやや売り優勢な相場でしたが、

昨日はドル円(※午後~ニューヨーク序盤迄)に関しては

明らかに買い優勢な相場であったと言えるでしょう。

長期スパンでみても、ドル円に関してはトレンドは未だ上向きです。

 

この反発を利用して、「IFD注文」を予め仕掛けておきました。

※逆張りでは無く、順張りでレートを指定

注文時よりも高いレートで買い注文を入れておきたかったのと、

恐らくまだ伸びるかな??

。。。。と感じたのでとりあえずIFD注文を入れておきました^^

 

IFD注文をなぜ「逆指値」で指定するのか?

IFD注文(イフダン)には、逆張り・順張りどちらでも使える便利な注文方法。

IFDを「順張り」で使う場合は、

トレンド相場に有効な注文方式です。

逆張りの場合は主にレンジ相場で使いますね。

 

私の場合、IFD注文をよく順張りで使います

その理由は、

トレンド相場でIFD注文を使うと

非常に勝率が高い傾向にあるからです。

 

トレンドは一度動き出すと一方に動き出す傾向があり

この原理を利用したのが「逆指値注文です。

逆指値注文の優位性に関しては過去にも記事にしましたので

こちらも是非御覧下さい。

逆指値注文で15pipsゲット!

 

今回は、ドル円が上昇トレンドトレンドであった為

それなりの戦略で応戦してみました

その結果、115.381⇒115.781で約定し、40pipsの利益を獲得しました☆

まぁ、ここまで取れたのは相場が良かったのかな?

。。。。という気もしますね^^;

 

ただ、先週の金融緩和からドル円・日経平均共に良い感じで動いていますね。

時々失速しますが、今以上に高値を付ける可能性も無くは無いと思います。

機会をみてまた挑戦したいと思います(^^)

 

PS:

「PLATINUM TURBP FX」は、追加機能を加えることで

全ての時間足で使えます。

長くポジションを持つ場合は、15分足~1時間足がおススメです

PLATINUM TURBO FX(特典付き)の詳細はこちら